食欲/グルメ

コーヒーマニアうってつけ!大阪の隠れ家 | THE MUNCH(ザ・ミュンヒ)

スポンサーリンク

2014/11/15

sponsored link

大阪の八尾に用事があってコーヒーが飲みたくなったのでネットで探していると発見しましたよ。

MUNCH

テレビにも多数出ているみたいです。

themunch

哀愁漂う店内が好きな感じでした。

珈琲だけの店

飲み物はコーヒーのみ

ちなみに私はマニアではありません。

ただの無知なコーヒー好き。

でも、そんなただの珈琲好きがコーヒーについて知りたくなりました。

THE MUNCHのメニューではマニア向き、一般向きと分かれてあります。

お持ち帰りと豆の小売りもやってます。

menu

スパルタンNo.1苦味の超ストロングをいただきました。

strong2

超濃縮コーヒーエキス1kgの豆で100cc抽出

S(シングル)20ccで1200円

strong

一口いただいた時はパンチの効いたただただ苦味の効いたコーヒーだという印象。

だけど口にする度に欲するんです。

うまい。

濃いブラックコーヒーって舌がしびれる感覚みたいなのありますよね。

あの感じが一切ないんです。

後味スッキリ。

一口飲んだらまた一口。

シャーベット風チーズケーキを頼んでスパルタンのお供に。

cheese

この組み合わせがなんとも言えません。

相性よすぎます。

もう一杯がブルマンNo.1

25g1600円 時間は20分程。

bluman

目の前で淹れてくれました。

bluman2

お味はというと濃くないのにしっかりとした味わい。

香りもいい。

 

ちなみに1番高級なコーヒーのお値段は1杯7万5千円!!

個性豊かなAB型のマスター

マスターが喋る喋る。

貴重な物まで見せてくれました。

meissen3

これすごくないですか?

MEISSEN2

ひとつ500万のMEISSEN(マイセン)

MEISSEN

国宝級。

kokuhou

無知なのに感動しました。

MEISSEIN

そして珈琲への情熱。

熱いものを感じました。

出会う人で考え方も少し変えれそうになったり少なからず影響力のある人や言葉って結構身近にあったりしますよね。

ミュンヒではお店のメニューを配っているそうで。

いただきました。

マスターの若かりし頃の写真と名刺。

イケメンの青年でした。

ドイツの名車

ミュンヒが店内に飾られていました。

世界に5台そして日本にたった1台

munch

お店の名前はここからきているそう。

貴重な味をそしてコーヒーの奥深さを教えていただきありがとうございました。

また必ず訪れます。

1時間30分いました。
大阪でマニアックなコーヒー飲みたくなったらミュンヒに訪れてはいかがでしょうか?

ザ・ミュンヒ

072-996-0300

大阪府八尾市刑部(おさかべ)2-386

http://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27012960/

-食欲/グルメ
-,

記事のシェアや登録はコチラから!

スポンサーリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード *

*

関連記事

大阪の茨木にあるまだま村でほっこりランチタイム

sponsored link 日曜日にお腹が空いたので彼女がネットで見つけてくれ ...

うまい肉汁が溢れ出すリッチガーデンのハンバーガー食べて来たよ!!

sponsored link 大阪でおいしいハンバーガーが食べれるところをご紹介 ...

no image
鳥取で新鮮な食材をいただく | 居酒屋あじまん

sponsored link 常連客が集うような居酒屋 鳥取の居酒屋あじまん! ...

no image
札幌時計台とグルメ

sponsored link 札幌時計台 正式には旧札幌農学校演式場 しょぼいだ ...

no image
大阪市北区天満橋のBar&Grill-牛炭火串焼くし・にしやん

sponsored link 牛炭火串焼 くし・にしやん たまたま発見したお店で ...